大川 ~ 隅田川の舟遊び

_1060831

台東区の東に流れる隅田川は、隅田川花火大会でも全国に知られる川ですが、江戸時代には「大川」と呼ばれていました。

江戸に幕府が開かれてからというもの、隅田川での舟遊びがとても盛んにおこなわれていました。なかでも、暑い夏、大名たちの贅沢は隅田川にとどめをさすといわれたほど豪華だったそうで、、隅田川が舟で埋まるほどの盛況ぶりだったようです。

のちに1960年代から70年代にかけての高度成長期のあたりから、隅田川の水質の悪化が深刻化し、今の柳橋に戦後たくさんの船宿があったものの、次第になくなり、治水のための防潮堤が高く川の両端に作られたことなどもあり、急激に隅田川の存在が薄れてしまいました。

そして、また現在、水辺利用に関する関心が高まり、多くの人の努力や協力によって川や港が整備され見違えるほどきれいになりました。今では、隅田川や神田川に魚も水鳥も戻ってきました。 また、隅田川やお台場に水上バスなど含めたくさんの船や屋形舟も行き交うようになりました。

浅草橋・柳橋には今でも、たくさんの屋形船などの船宿があります。浅草橋紅白マロニエまつりでは、多くの方に隅田川に親しんでもらおうという試みから、船宿さんにご協力いただき、通常よりも安い価格で「大川舟下り屋形舟遊び」楽しんでいただこうと、船を用意しています。

ぜひ、この機会に、粋な大川舟下りをお楽しみ下さい。

※ 4月17日追加 大川舟下り屋形船遊びのチケットは定員(完売)となりました。

okawa

_1060847

晴れた日には、「隅田川テラス」として、綺麗に整備された隅田川の両脇にある散歩道を歩くのはとても気持ちがよいです。

ぜひ、浅草橋に来られた際には、隅田川のほうにもちょっと立ち寄ってみてください。

第7回 浅草橋紅白マロニエまつり 「ちょいとおいでよ 浅草橋」

chottooideyo

浅草橋紅白マロニエまつりは今年(平成26年)で第7回目を迎えます。

今年は、2014年5月10日(土)と11日(日)の二日間に渡って開催されます。

浅草橋南部地域は、江戸時代から歴史的、文化的な資産や地場産業があり、隅田川や神田川の流れは四季折々の風情を演出し、それを楽しむ庶民文化が息づいているところです。

「浅草橋紅白マロニエまつり」は白や薄紅色の花が咲くマロニエが植樹されたことを契機に、地域の人々の交流と活動を活発化して元気で賑わいのあるまちづくりを目指して、浅草橋・柳橋・鳥越にある13の町会が結集して浅草橋の魅力を広く内外に伝えるお祭りです。

福井中学校の跡地に2013年開業したヒューリック浅草橋ビルを中心に文化資産や地場産業など魅力ある浅草南部を台東区内外に発信するために『浅草橋紅白マロニエまつり』を開催しています。

「ちょいとおいでよ 浅草橋」というキャッチフレーズのもと、一言では語りつくせない、来てみない体験できない、観光ガイドにはでていない「下町」の魅力をこの二日間で体験いただきたいと願っています。

ぜひ、紅白のマロニエの花が咲くこの時期に、浅草橋に遊びに来てください。

このまつりを浅草橋内外の人たちに広く知っていただきたいと思い、今年から公式ホームページを作りました。また、このブログでは、浅草橋紅白マロニエまつりの様々な魅力、開催日に行われるイベント情報、参加店舗紹介に加え、浅草橋・柳橋・蔵前・鳥越など周辺地域の魅力について伝えて行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。